Seeds of Resilience 感想

Seeds of Resilience っていう Steam のゲームを買いました。

store.steampowered.com

クラフト、サバイバルの要素のあるターン制シミュレーションです。無人島に漂着した住人を生き延びさせ、船を作って島から脱出するのが目的です。無人島なので資源には限りがあり、うまくやりくりする必要があるのですが、嵐や竜巻が発生して建物や資源をむちゃくちゃに破壊されたりする、という感じのゲームになっています。人間が登場するものの画面上で動いたりはしないので画面は地味ですが、ボードゲームをプレイしているような感覚があり、悪くはありません。

ミッションモードとサバイバルモードがあり、ミッションモードはミッションごとに異なる目標が課せられています。やりごたえがある。サバイバルは前述の通り船を作って脱出するのが目的です。

ミッションは最初の2~3個を除くと難易度が高く、やりごたえがあります。特に「船旅をするための食料」「釣るか死ぬか」「無人島」は何度もやり直しを強いられることになると思います。これは無理ゲーでは?と思うものの、ちゃんとクリアできるようにはなっているし、クリアしたときの達成感は大きいです。一回クリアするともうやらなくていいかなとなってしまうけど……。

一方。ミッションに比べるとサバイバルモードは通常難易度ではそれほど難しくありません。マップが広く、資源に余裕があるので、ちょっと退屈かもしれません。生活が安定してから船を作るまでが中弛みになってしまう。ここで生活基盤を破壊する災害が発生すると、単にストレスなだけだったりもします。
拡大再生産によって楽になるみたいな感じのゲームではないんですよね。拡大すると資源が足りなくなる一方、食糧はあまり困らないので、時間を送って資源が回復するのを待つゲームになる。ここがちょっともったいない。
土地を狭く、資源を少なくしたらどうなるか。これはまだプレイしてないのでやってみたいと思っていますが、ちゃんとゲームとして成立するのか?という疑問があります。

ゲームバランスの点であと気になってるのは、基本的に人数が少ないほうが有利なゲームで、人数が増えることにあまりアドバンテージがない。人数が多いほうが短いターンで開発を進められるけど、食糧や資源を消費するスピードも合わせて増えるので、消費する食糧に対する開発効率は変わらないんですよね。だったら人数少ないほうが得では?という感じ。
これがたとえば住人が病気になったりすると、かわりの人間に価値が出てきます。 あと、今ある災害が嵐と竜巻だけだからなのかやたら嵐が来る印象で、これの頻度を減らしてそれ以外のバッドイベントを追加するほうがバランスがよくなるのではという感じ。

プレイアビリティで難のある箇所がいくつかあり、たとえば地面に置かれた物資は取り除くことができないので、土を取り除いたり、作物を植えたり、建物を建てたりするときに邪魔になる。移動させてくれ。

地面を掘り下げたりして、手前から奥にかけて急な段差ができて奥のタイルが手前のタイルで完全に隠れたりすることがあり、こうなると奥のタイルに対して一切アクションできなくなる。土を置いて地ならししたりできない。奥のタイルが見えるようになるまで手前の土を取り除けばいいんだけど、手前が岩石や鉱石のタイルだと無理です。どうにかしてくれ。

いくつか不満点はあるものの、総じてプレイ体験は悪くなく、値段分はゆうに遊べるゲームなので、この手のゲームが好きな人にはおすすめです。