今年もまた一年の無事を祝う

日付があるタイプの恋愛シミュレーションゲーム、最近はあまりなくなったんだけど、ちょうど一ヶ月くらい前に OOParts というクラウド上で美少女ゲームをプレイできるサービスが正式リリースされた。

oo.parts

プリズムハートとかいう20年前のゲームが普通にプレイできて感動したんだけど、普通にプレイできるので普通にプレイしてしまった。プリズムハートはときメモみたいな育成SLGで、休日は訓練か外出、平日は訓練で自動進行する。ランダムでイベントが発生したりすることもあるが、基本的には訓練アニメーションが表示されてステータスが上下して終わり、ただそれだけの日であることが多い。で、プリズムハートのカレンダーでは5月26日は金曜日なので、何らかの訓練のアニメーションが表示されてそれだけの日になりがちで、5月27日の土曜日を迎えてはじめてそういえば5月26日を通り過ぎたな、となる。現実には平日は仕事をしているので、過去から振り返ってみれば通り過ぎた一日にすぎないんだけど、いま現時点ではいまわたしが存在している一日なわけだ。

そういうわけで今年も無事に5月26日を迎えることができた。まああんまり健康とも不健康ともつかない生活をしている。年々風邪は治りにくくなってるし、睡眠リズムも相変わらず壊れているし、気圧気温の乱高下で偏頭痛にさいなまれるし、とはいえ大病とは無縁でいられているので、無事といってよいでしょう。

毎年5月26日には近況報告に加えてなんらか意思表明をする……ようには別にしていなかったようで、去年の日記はあるけどその前はなかった。ないならないでこれから毎年やっていってもいいかなと思っている。

OOParts の話をする。今は期間限定で月額1000円で遊び放題、期間終了後は月額3000円を予定しているということで、同じくクラウド上で美少女ゲームを遊べるサービスをやってる DMM と最終的には同じ価格ということになる。DMM のほうは使ったことないので比較はできないんだけど、月額3000円になるまでは正式リリースと銘打ったアーリーアクセスくらいのつもりで使ったほうがよさそうに思う。

まず、ふつうにゲームはプレイできる。たまに不安定なことがあって、操作が効かなくなったりすることが一回だけあったが、間をおいてプレイすると改善した。今のところは遅延がたまに発生するくらいでまあまあ遊べる。今は特に回線が輻輳しやすい時期なので、このあたりは寛容な目でみたいところ。

仕組みはゲーム画面をストリーミングで再生してこちらからは入力を送る、というだけのものだと思うんだけど、ゲームのプレイ環境をクラウドで用意するところと、配信環境がキモだと思われる。前者は最近のゲームも遊べるようにするためにそこそこのスペックが必要だし、後者はとにかく金を積み続けるしかない。ということを考えると、月額3000円でも採算取れないんちゃうか?という気持ちがある。潰れないで存続してほしいと思っているのですぐに加入したんだけど、あまり楽観視はできないよなーと思っている。

で、がんばってサービス拡充してほしいんだけど、いまのところふたつくらい課題がある。

ひとつは、ゲームが少ない。DMM と競合しているのでゲームを増やすのは難しいかもしれない。この手のサービスに乗り気なアリスソフト、オーバーフロー、オーバードライブあたりがゲームを提供しているのは強みではあるものの、このあたりのゲームってみんなだいたいプレイしており、再体験するためだけに月額1000円はきついのでは?という感じがある。むしろそこまでのビッグタイトルよりは、当時興味あったけど他のタイトル買ったからやってない、みたいなタイトルのほうがプレイしたさがあるように思っていて、それは今のところ層のうすさを感じる。当時一線級だったメーカーがもう撤退して存在しないとかもあり、どこかのプラットフォームが権利をもっていて、新規プラットフォームにとってハードルになってたりするかもしれない。

もうひとつは、UI の改善。たとえばメーカー名をクリックしてメーカー名で絞り込んが検索結果が表示されてほしいんだけどそういうのはないし、メーカー名以外の情報をタグ化してそこから絞り込んだページに遷移とかもできない。検索自体はキーワード検索ながらタイトル以外の情報でも検索ができる。ただしタイトルとクリエイター、メーカー全部にヒットするようなキーワードだとメーカー名だけで絞り込みたいのに!みたいなときに困ったりはする。
このへんはまだ本数が少ないのでそこまで致命的なものではないものの、トップ画面ではパッケージがずらっと並んでいるだけで、ゲームタイトルはクリックしてみるまでわからない、という感じになっており、厳しい。検索画面ではゲームタイトルとパッケージのサムネイルが見られるものの、表示順は謎で制御されていないように見える。発表年月なりメーカー名なりでソートしたいし、せめてタイトルでソートできるようになってほしい。 マイリストはプレイしたゲームの履歴でしかなく、お気に入りのゲームを保存するためには使えない。マイリストから消せるだけでもだいぶ違うと思うんだけど、そもそもお気に入り機能がほしいよなと思う。

ただ、たとえばお気に入り機能を何も考えずにつけると「あとでやる(一生やらない)」機能になる。このへんちょっと難しいんだけど、たとえばゲームをプレイしないとお気に入り登録できないようにする、とかは一つの方法だと思う。
検索もそうで、あんまり簡単に絞り込み、ソートができると、ユーザが望んだものとしか出会わないという状態になる。この手の遊び放題は、まだ知らないタイトルに触れることができるように誘導しないといけない。本屋の平積みみたいなことをやる必要がある。今のピックアップはただ乱数がなんかやってるな、程度でしかないので、結局サービス側が人力でがんばるしかないんだけど、それはそこそこコストがかかるので大変そうだなあと思っている。少なくとも、今のトップ画面や検索画面の「なんかよくわからんけどシャッフルされている」だけの状態はただ不便なだけで、未知の作品に出会う動線の引き方としてはぜんぜんうまくないので改善したほうがいい。

ごく個人的な感傷込みでいうと OOParts はタイムマシンだと思っている。

いまも現役のプレイヤーは新作ゲームは DL 販売で買うし、もはや新作ゲームを買わないという層が懐かしんでプレイするためだけには、月額1000円でもけっこうきつい。なんせ旧作はたびたびセールで2000円とか3000円とかで買えるわけで、それしかプレイしないんだったら年12000円も払わない。一ヶ月にプレイできるゲームの本数なんてたかが知れているので、遊び放題という戦略自体がまずきつい。美少女ゲームはだいたい10時間くらいかかる。長いものは20時間くらいかかる。短いゲームも少なからずあるものの、そういうゲームは安価で売られたりもしている。短いゲームをやるんだったら買い切りのほうがいいし、やるかわからんゲームのために月1000円は苦しい。それでも、あえてこのサービスを推したいのは、ゲームをプレイする環境をプレイヤー側で維持しなくていいから。
HDD には過去のゲームが何十本か入ってるものの、インストールし直さないと遊べないゲームもたくさんあり、マシンを買い換えるたびに再インストールしないといけないつらさがある。何十本もあるとさすがにぜんぶ DL 版をあらためて買うというわけにもいかない。特に好きなタイトルは折を見て買ったりしているものの、そもそも売ってないゲームなんかもある。そのへんをカバーしてくれるようになったら、それが理想のタイムマシンなんだよな、と思う。
まあ今のところは、当時のエロゲショップの空気感を断片的に味わえるだけ、くらいのものという感じなので、マジで本当のオーパーツになってほしいし、まずは2000年代前半のゲームを8割くらいカバーしてくれるとたいへん助かる。助かりたい。

OOParts の話をしたので最近のゲームの話もしていく。

美少女ゲームは衰退した衰退したと言われるけど、この10年くらいは低空飛行を続けているだけで、少子化で新成人が減少し続けることを考えるとまあまあ持ちこたえているように思う。また、文化としてはソシャゲなどに確実に継承されている。これで役目を終えたとは考えていなくて、デジタル紙芝居がデジタル紙芝居として定着してほしさはずっと感じている。アニメより低コストで作れて、小説より表現力がある媒体、かつプレイヤーが自分の意志で読み進めていくことができる。プレイヤーの入力にフィードバックを返すギミックはまだまだ行き着くところまでは行ってないと思っているんだけど、それは美少女ゲームがシナリオに偏り過ぎたので、ゲームデザインは未成熟だと感じている。90年代にはゲームとしてデザインされたゲームもたくさんあったんだけど、2000年前後に物語消費需要が増して、以後ゲームデザインの研究は停滞してしまった感じ。ところがコンシューマはそうでもなくて、完全に死んだラインでもない。まだやっていけるはずなので、やっていきたい。同人ゲーム市場ではゲームブック風のゲームがそこそこ……というか本数だけで見れば商業より売れてるので、ゲーム需要はある。

今後買う予定のゲームでも紹介しておこうと思う。

  • 天冥のコンキスタ
    買う予定というか予約済み。前作はゲームバランスに難があったもののそれなり楽しめてはいる。ただ、このメーカー RPG より SRPG のほうが向いてるよねというのはつくづく感じた。今回は SRPG

  • ぱられるAKIBA学園
    まるでクロシェットのゲームみたいだあ、と思ったら、onomatope*とクロシェットのコラボブランドとのこと。原画はどこでもすきしていつでもすきして*1の雛祭桃子氏、最近は onomatope* のゲームで原画描いてる人なんだけど、グラフィッカーがクロシェットなのかクロシェットぽい雰囲気になってる。

  • かけぬけ★青春スパーキング!
    サガプラのゲームはだいたいそこそこ好きくらいなんだけど今回は原案:瀬尾順と書いてあるのでにわかに期待感が高まってしまった。ぼくにとっての瀬尾順といったら春ポコなんですけど、みなさんも心のなかに瀬尾順がいると思います。みなさんはどうですか。楽しみですね。

  • 青春フラジャイル
    パープルのゲームめっちゃ積んでるけどこれも出たら買うとは思う。買うだけ買ってプレイしないみたいなこと増えてるのに OOParts で古いゲームやってる場合じゃない……。蒼乃むすびさん、ラズキュからこっちメインやることめっちゃ増えて大活躍ですね。いいですね。

  • 俺の姿が、透明に!? 不可視の薬(インビジブル)と数奇な運命
    もう出てるやんけ! まだ買ってないので今月中に買う。今月中に買うとクレジットカードのポイントがたくさんつくので*2
    出会って5分もまだプレイしてないやんけ! これは来月やります。やったら感想も書く。ていうかまだ感想書いてないゲームもめっちゃあるな……。
    Hulotte のゲームは設定を活かした話作りが毎回上手いのでオススメ。とりあえず妹三部作やるといいんじゃないかな。

最近見てるアニメの話とかハチナイの話とかはまた機会をもうけて書きます。

こちらからは以上です。

*1:これまたえらい懐かしいゲームだ

*2:誕生月なので